上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
guitar_b002.jpg

ペグ作成6連チャン。
カッティングマットの升目が1センチなので、ほぼそれと同等の大きさ。
これも微妙にカーブをつけているが、あまり意味ないかも。
使っている用紙が0.22mmの厚みがある紙なので、細かい表現が難しい。
ここも次回の課題だな。

そしてとりあえず完成。



guitar_b005.jpg

guitar_b010.jpg

guitar_b015.jpg

guitar_b018.jpg

guitar_b020.jpg

guitar_b022.jpg

guitar_b021.jpg

いいですねー。これはなかなかいいですよ。
弦高がかなりリアルに再現できてて自画自賛。


guitar_c002.jpg

guitar_c007.jpg

最後に親子で記念撮影。
ということで今回参考にしたギター『Seagull Maritime SWS Folk HG』

今後の計画は、ギターのペパクラ作成動画作って、そこに自分でギターを弾いたBGMのせてYOUTUBEとかに投稿したいなと思っています。

それと今回の作成中、カッティングマシン・クラフトロボ(旧)の仕事ぶりを眺めながら、ふと思ったのだが、このギーコ、ギーコ、ガチャンの音をサンプリングして音楽できそう。
これも面白そうだな。

ただその前にしっかり改修しなくてはなので、先は長そうだ。

スポンサーサイト
guitar_a003.jpg

裏板に支柱を貼り付ける。
ここも実物のギターを参考にしてるので、サウンドホールからチラッと見えたとき嬉しくなるポイントの一つです。


guitar_a006.jpg

側版を貼り付けたところ。
結構いい感じ。


guitar_a008.jpg

ヘッド部裏側。
今回のテーマはディテール。1/2スケールでなるべく本物に近づける展開図作りをしました。
で、その一つがヘッド部裏側の微妙な曲面。


guitar_a009.jpg

それとネックのつけね。

・・・ちょっと思っていたのと違うなー。


guitar_a010.jpg

ネックと合体。
ヘッドに角度をつける作業が繊細すぎて涙目。


guitar_a012.jpg

フレットを指板裏側から一つずつ貼り付ける鬼畜仕様wwww
ここが一番時間かかった。(4時間くらい)


guitar_a015.jpg

合体。この写真を見るとなかなか良さげ。

しかし・・・


guitar_a020.jpg

いかんともしがたいネックの捻れ。


guitar_a019.jpg

指板の浮き・・・


ここまで作ってきて・・・心が折れそうです。

問題点の洗い出し。

ネック自体はまっすぐだったが、捻れた指板を無理やり貼り付けたことによって、ネックも一緒に捻れてしまった。

ただフレットを丹精込めて打ち込んで、いざ箱型にしたときに捻れがついてしまったものを、簡単にもう一度やり直しする気力はさすがに湧かないです。

なので解決策としては指板に捻れがついても簡単に作り直せるようにフレットの構造を考え直す。
あるいはフレットはこのまま捻れない指板の構造を考える。

キャノンのペーパークラフトサイトで配布しているギターのペパクラはフレットは印刷なのよね。
で、ネックは内部にフレームかませて強度を確保してある。

今まで全長15センチ以下のペパクラばかり作っていたので、大きいサイズのペパクラを設計する際の強度的な問題は、いい勉強になった。

あともう少し単純化してもいいかもしれないな。特にネックの付け根。
他が曲面が少ない分、切断線の多さが目立ってしまう。

とりあえず最後の難関、ペグを作って完成させたあとで改修だな。









展開図作ってそれで満足してしまう集中力の無さを改善しなくては。

で、とりあえず印刷してみたわけだが

body001.jpg

でかいな。

これにさらにネックが付くわけだからなあ。

モニターで3Dモデル作るだけじゃ、このへんがわからないんだよね。

そのわりにはペグとか細かい部品もあるしサイズを採るかディテールを採るか難しい選択です。

body003.jpg


余談だが約1年半ぶりくらいにクラフトロボを箱から出したら、ACアダプターにカビが発生しててびびった。

幸い本体には支障無かったのでよかった。

旧型だけどまだまだいけるぜ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。